入れ歯

入れ歯のタイプ ~保険診療・自費診療~

保険診療の入れ歯

保険診療の入れ歯

保険診療の入れ歯は、保険が利くため治療費用が安く済むのが最大のメリットです。 しかし自費診療に比べると、素材の種類が選べず機能性・審美性も劣ります。 主な素材であるレジン(歯科用プラスチック)は熱を伝えにくい材質なので、 食べ物の温度や味が感じにくくなります。また衝撃によって壊れやすいなどといったデメリットもあります。

自費診療の入れ歯

自費診療の入れ歯

自費診療の入れ歯は機能性、審美性ともに優れています。 使用できる素材の種類が豊富で、患者さんに合ったものを選択できるため、 入れ歯とわからないくらいの自然な装着感と見た目を得られます。 費用はかかりますが、それに見合った美しさと機能を手に入れることができるでしょう。

自費診療 保険診療
審美性
耐久性
装着感
費用

当院で取り扱う自費診療の入れ歯

総入れ歯
軟性レジン床入れ歯(コンフォート)

軟性レジン床入れ歯(コンフォート)

コンフォートは、入れ歯の裏側部分に生体用のシリコンで覆うことでクッション性を持たせた加工技術です。 入れ歯をしっかりと吸着するため、はがれにくくなり、噛む力が8割程度まで回復します。 しっかりと噛めるので毎日の食事も楽しくなるでしょう。

部分入れ歯
バネのない部分入れ歯(ノンクラスプデンチャー)

バネのない部分入れ歯(ノンクラスプデンチャー)

ノンクラスプデンチャーは金属のバネを使用しない入れ歯です。 バネを使わないため、見た目が自然で、金属アレルギーの心配もありません。 薄くて軽く、装着時でも口の中がすっきり感じられます。

磁石を使った部分入れ歯(マグネットデンチャー)

磁石を使った部分入れ歯(マグネットデンチャー)

マグネットデンチャーは磁力で固定する入れ歯です。 残っている歯根に専用の磁石を取り付け、強い磁力でぴったりフィットさせます。 金属を使わないため、違和感がなく金属アレルギーの方でも安心して装着できます。 着脱が楽な磁性式なのでお手入れも簡単です。

コーヌスデンチャー

コーヌスデンチャー

コーヌスデンチャーは筒状の被せ物と入れ歯が一体化している入れ歯です。 残った歯に二重の被せ物をすることにより、通常の入れ歯よりもフィット感がよく、 噛む力が歯全体に均等に分配されます。摩擦の力により抜けにくい作りになっています。

当院での入れ歯のお手入れ

入れ歯は定期的なお手入れが必要です。入れ歯に付着した細菌がお口だけではなく、身体全体に悪影響を及ぼす可能性がありますので、定期的に歯科医院でのお手入れをオススメします。当院では、超音波を使用し入れ歯の洗浄を1回500円くらいで行っております。お気軽にお使いの入れ歯をお持ちください。