虫歯・歯周病治療

成人の70%が歯周病?
痛みがなくても歯に隙間があったり、グラついている方は歯の周りの病気(歯周病)です。
歯を支える歯肉や歯槽骨の組織をじわじわと破壊する歯周病は「静かなる病気」といわれるほど気がつきにくい病気です。気がついた時には意外に進行しているケースが多く、成人の歯の抜ける原因として歯周病によるものが増えています。

主な自覚症状

  • 歯がムズがゆい感じがする。
  • 歯と歯肉の接しているところが赤く腫れる。
  • 歯を磨いたときに出血がみられる。
  • 歯肉から膿が出る。
  • 口臭が気になる。
  • 唾液がネバネバする。
  • 朝起きた時に口の中が気持ち悪い。
  • 食べ物が噛みづらくなる。

▼歯周病は感染症!?

口の中は細菌がいっぱいです。歯磨きが正しく行われず、食べカスが残っていると細菌はこれをエサに増殖しプラークと呼ばれる菌塊をつくります。このプラークが歯肉や歯を支える歯槽骨、セメント質、歯根膜などに炎症を起こします。

歯周病の進行と症状

歯周病は、歯肉が炎症し徐々に悪化していく病気です。歯垢内の菌が、 歯周ポケット(歯と歯肉の間)を徐々に深くしていきます。最終的には歯が抜けてしまう恐ろしい病気です。

第一段階 歯肉炎

第一段階 歯肉炎

進行
歯周ポケット 約0~1mm
症状
歯肉が炎症を起こし歯の間の歯肉が腫れ上がります。歯周ポケットが深くなり、徐々に歯垢が溜まっていきます。
第二段階 歯周炎

第二段階 歯周炎

進行
歯周ポケット 約1~3mm
症状
第一段階のまま放っておくと歯周ポケットが深くなり、歯周炎になります。
最終段階 中等度~重度歯周炎

最終段階 中等度~重度歯周炎

進行
歯周ポケット 約4~6mm以上
症状
顎の骨が破壊され、歯がグラグラしてきます。さらに放っておくと歯のつけ根がむき出しになり、 歯肉が縮み歯が長くなったように見えます。このままでは、歯が抜け落ちてしまう恐れがあるので、 すぐにでもご来院ください。
※気になる・心あたりのある症状があったら…

まずは、先生に相談しましょう。
歯周病の治療とともに、再発の防止や進行の予防には生活習慣の改善が必要です。先生や衛生士から受けた指導や注意を守りましょう。

早期発見・早期治療が一番です

「歯が痛い……」「歯を磨くと血が出る……」

現在当院へご来院される患者さんのほとんどは、こういった自覚症状が出てからいらっしゃいます。 確かに、治療にはお金がかかりますし行くのも面倒に感じるかもしれません。 しかしみなさんがよく知る虫歯や歯周病などの歯の病気は、どちらも自覚症状がほとんどないのです。 そのまま放っておくと最悪の場合、歯周病であれば歯が抜けてしまいますし虫歯であれば抜歯しなければなりません。 そうならないためには、早期発見・早期治療が大切といえます。

虫歯の進行段階と治療法

虫歯の進行段階は5つに分類されます。初期は自覚症状なく放置しがちで、痛み出したときにはかなり進行していることがほとんどです。

C0初期の虫歯

C0初期の虫歯

症状
歯の表面のエナメル質が少し溶けた状態です。自覚症状はありませんが歯の表面が白っぽくなる、 奥歯の溝が茶色くなるなど、見た目に異変が起こります。
治療法
この段階であれば適切なブラッシングや、フッ素塗布などで治すことができます。
C1エナメル質の虫歯

C1エナメル質の虫歯

症状
エナメル質がさらに溶けている状態です。歯の表面が黒くなります。
治療法
虫歯菌に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めます。
C2象牙質の虫歯

C2象牙質の虫歯

症状
虫歯菌が象牙質まで進行した状態です。冷たい物や甘い物を食べるとしみます。
治療法
虫歯菌に冒された部分を削り、詰め物で保護します。症状によっては麻酔を使います。
C3神経の虫歯

C3神経の虫歯

症状
神経まで虫歯が進行した状態です。激しい炎症を起こし常に痛みます。
治療法
神経の治療を行い、クラウン(被せ物)で保護します。症状によっては神経を除去する根管治療を行います。
C4神経が壊死した虫歯

C4神経が壊死した虫歯

症状
虫歯菌が歯根まで進行した状態です。神経が死んでしまっているため痛みは感じませんが、 さらに放っておくと膿が溜まり激痛が走ります。
治療法
抜歯が必要です。抜歯後には、インプラントや入れ歯やブリッジで歯の機能を補います。